癌を倒す遺伝子治療

ナース

遺伝子治療とは何か

遺伝子治療とは、遺伝子または遺伝子を入れた細胞を癌患者に投与する治療のことを指します。現在では、患者の細胞を対象とする治療だけで利用される遺伝子治療です。生殖細胞へ遺伝子操作を行うことは世界中の国で禁じられています。

どんな治療が考えられるの?

病状によって行う治療法は異なります。ある遺伝子の機能が低下していたり、無くなっている場合、その遺伝子を外部から補充する治療法が考えられますし、癌細胞そのものを除く場合だと、標的の細胞を遺伝子治療によって直接殺す方法もあります。

どうやって治療するの?

例えば、遺伝子に異常があると見られる患者の骨髄から幹細胞を取りだします。そしてその細胞に正常な遺伝子を導入します。ウイルスのベクターと呼ばれるものを利用し、正常な遺伝子を細胞核のDNAに記憶させ、特殊なやり方で増殖させます。患者の体内に注射などを使って、正常な遺伝子が組み込まれた細胞を戻します。ここから経過観察をして問題が無ければ完治となります。

未来の遺伝子治療

遺伝子治療のもっとも大きな課題は、目的の細胞組織にのみ遺伝子を入れて、発現を制御可能にすることです。これから医学をどんどん進歩していきますので、この課題をクリアするのもそう遠くない未来でしょう。また、iPS細胞などを使った遺伝子治療もどんどん行われていくと思います。

広告募集中