遺伝子治療のメリットについて

ハートを調べる人

手術跡が残らない

癌遺伝子治療であれば、癌を抑制する遺伝子を注射や点滴などで体に導入していきます。なので、通常の手術のようにお腹を開いたり、体にメスを入れることなく治療を行えます。臓器を取ることもなければ、傷口から発生する感染症にもかかりません。接合不全の心配の皆無です。

麻酔を使わない

この癌遺伝子治療は、手術をせず注射で治療していくので、麻酔を使う必要がありません。体力のない方でも行える治療法です。また、入院をしないで通院だけで治療が行えますので、心身共に負担をかけることがありません。

副作用がない

がん患者の方が行っている治療法には様々種類があります。その中には放射線治療などがあり、その副作用で髪が抜けるなどがありますが、この遺伝子治療なら副作用もなく、体の負担も小さくて済みます。放射線治療には放射線治療の強みがありますが、遺伝子治療の強みは体への負担が少なく副作用がないことです。

精神的な負担を少しでも軽く出来る

副作用が無いことに繋がりますが、通院で治療が行えるほどなので、容姿が変わることなく、癌患者であると誰も気付かないので、周りに気を遣わせることもないです。普段通りの生活を送ることは、癌患者にとってはとても嬉しいですよね。

最新医療ならではの・・・

まだ保険が適用されておらず、自由診療なので医療費が高くなってしまいます。また、遺伝子治療に詳しく信頼のおけるお医者様を探すことも大事ですので、この二点をしっかりと踏まえておきましょう。今後この治療が広く認知され、たくさんの方々を救うようになればと願っています。

広告募集中